So-net無料ブログ作成

神聖かまってちゃん~ロックンロールは鳴り止まない [映画]

見てきました。

下北沢にも映画館があるんですね。映画館というか、プロジェクターで写す小屋ですけど。

有名な(下北サンデーズでも登場した)古着屋のシカゴの二階にあります。TOLLY WOODという小屋です。


神聖かまってちゃんて、何のことやら、最近までチンプンカンプンでした。ロックバンドなんですね。
ノートパソコンで実況しながらライブをやる。新しいなあ。新しいことってまだまだあるんだなあ。


人生で、難問をつきつけられた3つの場面の人間たち。彼らが、それを突破していこうとする物語です。
神聖かまってちゃんの、ライブの曲に励まされるように。

具体的に、励まされるわけではありません。この歌詞に、このようにという、野暮なことは、入江悠君のことですから、やりません。

彼は、非常にさじ加減のうまい演出家だと思うので、陳腐とは無縁です。

しゃべらせすぎないし、写しすぎない。

でも、写すべきところはちゃんと写す。しゃべらせるべきことはちゃんとしゃべらせる。

そのさじ加減が非常にクレバーだと思います。


僕自身は、神聖かまってちゃんにはげまされることはないかもしれない。(あの、ダラッとした歌い方には、イラッとするほうなので)

でも、この映画にははげまされるわけです。

いま、社会的にも自分の個人的な問題に関しても、ハードルが次々に襲ってくるような、未曾有な状況なんですが、「上等じゃねえか」という態度で、決意で、覚悟で、やるしかない。

僕は「自分は何のために生きているのか」とは考えません。
自分が何かのために生きているなんて、思いたくない。

「自分が生きるために、何をするのか」を考えて生きていきたいと思っているのです。

生きるということがトップです。その他のことは、生きるためにあるものだと考えたいのです。

生物として生まれたからには、生きることがトップでなければならない。

生きることを邪魔するやつらは、やっつけなければならないのです。


と、まあ青臭いことを書いてしまいましたが、許してね。


入江悠くん。まだまだ製作環境に恵まれてるとはいえない状況のようです。

しょうもないゴミしか撮れないような映画監督に出す金があったら、その半分でもいいから、入江くんに遣わせてあげて、と思ってしまいます。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ちゅん

TOLLY WOODいったことあります。

自主制作映画を見ましたが。監督のトークイベントをやったりポレポレ中野のもっと小さい版のような劇場ですね。

こういった場は大事ですね。
by ちゅん (2011-04-05 23:56) 

孤雲

神戸でタマフル聞いてます。せのちんさんのおかげでイキウメにも出会いました。それはともかく、何のために生きるかではなく生きるために何をするかと言う言葉、グッと来ました。
by 孤雲 (2011-06-20 21:34) 

妹尾匡夫

弧雲さん、コメントありがとうございました。

すべてのことは、生きるために存在する。

いつも、そう思っています。
by 妹尾匡夫 (2011-07-02 13:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。