So-net無料ブログ作成
検索選択

シアターまあ「何かの美味しいキッサ店」台本公開~続き [舞台]

(第一場~続き)

奈々 「私がスーパー竹下に経理としてお世話になり始めて、ちょうど十カ月になります」
竹下 「なります」
奈々 「その間、近くにコンビニが出来たり、駅の向こうに大きいスーパーも出来たり。スーパー竹下は何度もピンチを迎えました」
竹下 「ました」
奈々 「その都度、私が必死に経理をやり繰りして、そのピンチを乗り越えてきました」
竹下 「ました」
奈々 「語尾ばかり繰り返さない!」
竹下 「はい」
春太郎「(松山に)これ、社長と新入社員の会話だよな」
松山 「の、はずです」
奈々 「毎日、あれほど言ってるじゃないですか。注文書は、指さし確認! それも、複数回!」
竹下 「はい」
奈々 「私は毎回やってます!」
竹下 「はい」
奈々 「だからミスがなーい!」
竹下 「はい」
奈々 「昨日は、たまたま、たまたま、忙しくて社長に任せた!」
竹下 「はい」
奈々 「任せた私も悪いけど、社長! あんたはもっとワルイ!」
竹下 「はい」
春太郎「なんだ、注文ミスか」
奈々 「ありえませんよ! いいですか! あり、え、ませんよ!」
真理子「そんなに?」
奈々 「ほうれん草の注文は、3箱! それでも多いぐらいです!」
松山 「何箱注文したの?」

   奈々、松山に持っている注文伝票を差し出す。
   松山、見て、

松山 「三十箱だ」
全員 「わぁ…」
奈々 「今、三十箱届きました! 店の前に積み上げてあります! お客さんが通れなくなってます!」
竹下 「はい」
奈々 「私、配送のお兄ちゃんに、『なんかの間違いじゃないですか?』っていいました!」
竹下 「はい」
奈々 「確かに、間違ってました!」
竹下 「!」
奈々 「こっちがね!」
竹下 「はい」
奈々 「私、あの配送のお兄ちゃん、前からいいなあと思ってたんです! ちょっと恋してたんです!」
竹下 「え、そうなの?」
奈々 「どうしてそこだけ『はい』って言わない!」
竹下 「はい」
奈々 「拝みました! ペコペコと、引き取ってくれませんかって、持ってってくれませんかって! 何度も何度も、ちょっと恋してる男に頭下げました!」
竹下 「どうなったの?」
奈々 「断られました! 『オレ、配達してるだけだから』って言われました!」
竹下 「はい」
奈々 「私の淡い恋も、多分終わりです!」
竹下 「ごめんなさい」
奈々 「謝られると、確実に終わったんだって気がする!」
竹下 「はい」
奈々 「どうするんですか、ほうれん草ばかり、三十箱も。一箱に30束も入ってるんですよ! 合計で900束ですよ! ほうれん草ばかり、900束!」
竹下 「ポパイじゃないんだもんね」
奈々 「どういう意味だ! 意味がわからない!」
竹下 「昔ほうれん草を食べると強くなる、ポパイって漫画があってさ」
奈々 「そんな漫画知らなーい!」
春太郎「ポパイしらない世代か。さくらは?」
さくら「しらない。しってる?」
みゆき「しらない」
春太郎「松山電器は?」
松山 「オレはさすがに…」
奈々 「漫画の話はいったん横においておく! 社長、指さし確認しましたか!」
竹下 「…したと思う」
奈々 「どの指で!」

   竹下、思い出そうとする。

奈々 「ほら思い出せない!」
竹下 「はい」
奈々 「しかも! 人指し指以外で指さし確認する人を、私は知らない!」
竹下 「…指さし確認… したと思うんだけどなあ…」
奈々 「ここまでお聞きのみなさんは! 指さし確認したと思いますか!」

   奈々、順番に指を差して聞いていく。
   指を差された順に、

松山 「してないと思います」
さくら「してないよね」
みゆき「してないに一票」
真理子「してるわけないじゃん」
春太郎「まあ、してないな」
奈々 「満場一致だ!」

   そこに出てくる健二。

奈々 「今出てきたキミは!」

   と奈々、タイミングで指を差す。の次の瞬間、健二であることに気がつく。フリーズする奈々。

奈々 「健二先輩…」
健二 「なんや、奈々ちゃんやんか。なに? オレなんかした?」
奈々 「…してません…」
健二 「さっきから大声で怒鳴ってたん、あれ奈々ちゃんかいや」
奈々 「そんなに大きな声でした?」
健二 「出そうになってたババが引っ込んだわ。大きな声やなあ。奈々ちゃん、そんな声出んねんなあ。印象変わったわ」
奈々 「…恥ずかしい…」
竹下 「健二君」
健二 「なんです?」
竹下 「助けて」
奈々 「あっ…」
健二 「オレが? 助ける? 誰を? 誰から?」
竹下 「オレを、奈々ちゃんから」
奈々 「このぉ、卑怯者がぁ…」

   健二、周りを見回す。周りの人間の何人かと目が合う。目が合った人は、健二に『どうぞ、お願いします』とポーズ&目配せ。健二『オレに、やれと?』のポーズ。
   健二、急に気取りながら、

健二 「なんやなんや。こんだけ大勢集まって、揉め事の仲裁もでけへんのかいや。まあ、オレほどの好男子が口きかな、まとまるもんもまとまらへんてか。どないしたん、奈々ちゃん」
奈々 「社長が、注文伝票を間違えたんです」
健二 「なんや、そんなことかいや」
奈々 「そんなことって! ウチみたいな小さなスーパーでは死活問題なんです。損金を埋めるの、大変なんです」
健二 「商売ちゅーもんは、損して得とれ。ちょっとぐらいの損は、いずれ倍になって戻ってくるもんやで」
奈々 「結構大金なんです」
健二 「奈々ちゃん、金は天下のまわりものなんやで、多少の金はどっかから回ってくるもんやて」
奈々 「そうですか?」
健二 「せや。どっかの誰かが、ポーンとポケットマネーで損かぶってくれたり、するかもしれへんやろ」
さくら「じゃあ、健ちゃんが代わりに損かぶったら?」
健二 「それはまあ、でけへんけども」
真理子「じゃあ、ほうれん草食べてあげな」
健二 「ほうれん草! そんなもん、なんぼでも食うたるがな。なんぼほど食うたらええねん」
奈々 「900束」
健二 「死ぬわ」

   健二、奈々の手をとりながら、

健二 「オレはなあ、奈々ちゃん」
奈々 「(手を握られて超緊張)はい」
健二 「スーパー竹下は、奈々ちゃんで持ってるの、知ってんねんで。このか細い手ぇで、電卓打って、店支えてんの知ってんねんで」
奈々 「ありがとうございます」
健二 「うちの大学に、後輩として入ってきて、何年かしたら同級生になり、そして、先輩として先に卒業した奈々ちゃん」
真理子「それがダメだっつーんだよ」

   健二、奈々の頭をなでながら、

健二 「同じ大学出身者として、奈々ちゃんには期待してんねんで」
真理子「出身者ってのは、卒業した人なんだよ」
健二 「よう頑張ってるよう頑張ってる。奈々ちゃんも、困ってるやろうけど、ここはオレに免じて、社長のこと、許したってくれへんか?」

   奈々、悔しいが…

奈々 「…わ、わかりました」
竹下 「助かったぁ」
奈々 「でも社長! 今回大目にみるのはね」
竹下 「はい」
奈々 「一日に二つも、恋をつぶされたらタマラナイからです!」
竹下 「わかってます」
健二 「ほな、店もどり」
奈々 「はい」

   奈々と竹下、出て行こうとする。

健二 「奈々ちゃん」
奈々 「はい?」
健二 「ほうれん草、困ってンのやったら、持って来ぃ。買おたるで」
奈々 「ホントですか!」
健二 「一束でええか?」
みゆき「せこ」
さくら「せこ」
奈々 「…はい」
春太郎「奈々ちゃん。うちにも持ってきな。十束ほど仕入れるよ」
奈々 「ありがとうございます」

   出て行く奈々と竹下。それを見送って、

健二 「色男はつらいのぉ」
真理子「早く大学、行けっつの」
松山 「ホントだよ」
真理子「あんたは働け」

   暗転。(第一場終了~第二場へ)


さあ、このあとどこの台本を公開してしまおうかなあ。


台本を読んだら読んだで、どんな風に演じられてるのがが楽しみになるのが、シアターまあだと自負しております。


みなさん、チケットはお早めにね!





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

イ・とうしろう

奈々「・・・迎えました」 竹下「迎えました」
奈々「・・乗り越えてきました」 竹下「乗り越えてきました」
奈々「同じ語尾を繰り返さない」  竹下「繰り返さない」
奈々「そうじゃない。お前のことだ」 竹下「お前のことだ」
奈々(指差して)「お前だ」  竹下「あっ!私のことですね」
次の指差し点検につながる
by イ・とうしろう (2012-01-10 21:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。