So-net無料ブログ作成

お久しぶりです〜再び。物語を載せてみます。 [舞台]

ご無沙汰しています。
ほぼ、一年ぶりの更新です。

今回は、舞台の脚本の会話改訂版を載せてみます。

この舞台は、2011年の8月に上演された、シアターまあの第二弾の舞台の台本です。

もとは舞台の台本ですが、これはそれを改訂しています。
もともとの台本にあったト書きはすべてカットしています。会話だけです。

登場人物の誰の会話なのかを、予想しながら読んでください。

わかりにくいかも知れませんが、やってみたかったので、やってみます。

震災後の舞台です。

この舞台では、「普通を手に入れるために、生涯をかけた決断をする女の子と、その決断に納得が行っていなかった女の子が、理解する物語です」

当時、「普通を手に入れるために、どんな思いをしていたのか」ということを思って書きました。

読んでみてください。

妹尾



「ホントウの間柄」その①

登場人物
○野本明日香(ラジオAD)     (23)
○杉浦浩美(医大生)        (24)
○有藤波子(田中荘管理人)       (35)
○小林高弥(個人タクシー運転手)    (40)
○エリザベス麗子(占い師)       (41)



○夏・正午近く

「あ、フランシーヌさん。おはようございます」
「おはよう。昨日言わなかったっけ?」
「何を?」
「今日から、あたし、エリザベスって名乗ることにしたって」
「聞いてませんよ」
「じゃあ、言ってないんだ。あのね、今日から私はエリザベス。エリザベス麗子。リズって呼んで」
「リズ…」
「エリザベスはリズなんだよ」
「なんでまた?」
「エリザベスの頭のエと、お尻のベスを取って残りがリザ。リザ、リザ、リズァ、リズァ、リズ。ほら、リズ」
「そうじゃなくて。なんで今日から名前を変えるのかなあって…」
「今夜から河岸を変えるのよ。新宿から渋谷」
「ああ」
「新宿は最近幸薄いやつが多くなっちゃってさあ。時代かねえ。占っててもこっちがズーンと落ち込んじゃうんだよね」
「あー」
「だからショバ、渋谷に変えようかなって。バカが多いから楽だし」
「占い師も大変なんですね」
「身を削る思いよ」
「でも、なんでエリザベスなんですか?」
「リズね。ほら、死んだじゃん。エリザベス・テイラー。追悼よ追悼」
「なるほど。ハリウッドの大変な美人女優でしたっけ?」
「昔一回、似てるって言われたことあるんだ」
「……」
「なに?」
「いえ」
「納得行かないって顔してる」
「してません」
「ならいいんだけどね」
「…ふう」
「お茶もらうよ」
「あ、どうぞ」


「リズさん」


「リズさん… リズさん!」
「やだ、あたしのこと?」
「リズって呼べって言ったのそっちじゃないですか」
「馴れてないからさ。メンゴメンゴ。何?」
「夕べはあのあと、ずいぶん飲んだんですか? ここで。明日香ちゃんと」
「飲んだ飲んだ。あいつぁ、うわばみだね。ザル」
「しかも、夕べは明日香ちゃん、機嫌がよかったから」
「ねえ。あんなにウキウキした明日香見たの、久しぶりだわ。初めてかもしれない」
「そりゃそうですよ。子供の頃からの憧れの男性と、今日から同じ屋根の下で暮らすんですから」
「まあね」
「どんな人なんですかね。聞きました?」
「聞いた聞いた。5回ぐらい聞かされた。明日香のやつ、同じ話ばかり何回もするんだよ。ひょっとしたらあいつ新橋のリーマンかもしれない」
「新橋のリーマン?」
「新橋のリーマンって、酔うと『同じこと何度も言うマン』に変身するんだよ」
「その先輩って、どんな人だって言ってました?」
「もう絶賛の嵐よ。背が高くて? ハンサムで? 柔道部の主将で? 医大生で? やさしくて? あたしの理想の男性だって」
「へえ。誰かに似てるとか?」
「チャン・グンソク」
「すごーい」
「軍手じゃないよ」
「は?」
「スルーしていいよ」
「はい」
「でも、同じ下宿で間違いを起こさなきゃいいけど」
「そんな、明日香ちゃんはそんな子じゃないでしょう」
「ノンノン。あたしと彼とが」
「そこは自重してくださいよ」
「どうする? グンソクが、小柄の年増が趣味だったら」
「知りませんよ。この下宿で変なことしないでくださいよ」


「あ、おはようございます。小林さん」
「おはよう。フランシーヌさんもおはよう」
「リズって呼んで」
「え?」
「今日から私は、エリザベス麗子」
「エリザベス麗子? なんで?」
「あとで説明します」
「別にいいよ」
「あれ? 小林さん、今日は非番にするんじゃなかったんでしたっけ?」
「うん。非番」
「いいわねえ。個人タクシーは。自分で勝手に休みが決められて」
「占い師は自分で決められないんですか?」
「曜日で場所決まってたりするからね。休むと仲間からしかられる」
「ふーん」
「どうしたんですか? まだ寝てる時間でしょう?」
「明日香ちゃんに頼まれたんだよ。駅まで、例の先輩を迎えに行くから俺の車出してくれって。明日香ちゃんは?」
「まだ寝てます」
「なんだよぉ。人にお迎え頼んどいて、寝坊かよぉ」
「あたしが夕べ潰しちゃったからね。酒で」
「明日香ちゃん、お酒強いんでしょう? ザルだとか言ってましたよね?」
「あいつがザルなら、あたしは枠。枠だけ。網もないから、ストーンと酒が入っていく」
「なんだか聞いただけで酔ってくる」
「おーい! 明日香チャーン! 起きないのかぁ?」


「しょうがないなあ。時間あんまりないんだよ。彼、もう駅に着いちゃうよ」
「明日香ちゃんいないと、どの人か分からないですもんね」
「それは大丈夫なんだよ。顔写真借りてるから」
「うそ! 写真持ってるの?」
「うん。明日香ちゃんに借りた」
「バカ。なんでそれを先に言わないの!」
「言う時間なんてあったっけ?」
「さあ! 写真! とっとと出す!」


「うわぁ… これはハンサムだわ」
「ハンサムなんだよ」
「背が高そうだ」
「高そうなんだよ」
「顔、ちっちゃ」
「ちっちゃいんだよ」
「本当に柔道部?」
「見えないんだよ」
「でも、医大生っぽいかも」
「ぽいんだよ」
「医者になったらあたし見てもらう。というか、全身見せちゃう。ガバッと開いて」
「医者も大変だ。患者選べないから」
「おい」
「イテ。じゃあ、ちょっとオレ、迎えに行ってくるわ」
「あ、ちょっと待って。もっかい写真見せて」
「え? ああ、ハイ」
「なに、リズさん。占えるの?」
「エリザベス麗子をナメるなよ」


「あっ… えっ?」
「なに?」
「いや、何でもない」
「じゃあ、行ってくる」
「行ってらっしゃい」


「どうかしたんですか? リズさん」
「まさかなあ…」
「ふわあ…」
「あ、明日香ちゃん。おはよう」
「うん」
「大丈夫?」
「うう。ダメかも」
「おやおや。大好きな男と会えるからって、そんなにめかし込んで」
「まだパジャマですよ! ああ、頭がガンガンする」
「そんなに飲んだの?」
「飲まされたんです。前祝いだとか言われて」
「途中であんた、なに飲んでるか分からなくなってたでしょう?」
「なんで?」
「だって、途中からあたし、焼酎水で割るのやめたんだもん。なのに、あんたクイックイッて行くんだから。おもしれーと思って。きっとベロなんかバカになっちゃってたのね」
「小林さんは?」
「ああ、もう例の杉浦君? 迎えに行ったよ。明日香ちゃんおきねーのかとかブツブツいいながら」
「まずい! もうそんな時間か。酒抜かなきゃ。こんな顔、見せられない」
「百年の恋も冷めるってやつだわ」
「波子さん。お風呂沸いてないよね」
「さすがにこんな時間には沸いてないわ」
「だよね。シャワーでいいや。浴びてくる」
「はーい」


「リズさん、お茶もういいですか?」
「ああ、いいよ」
「明日香ちゃんをあんまりおもちゃにしないでくださいよ」
「だけど、散々のろけられたんだよ! 夕べ。途中から、あたしムカッとしちゃってさあ」
「そんなにのろけられたんですか」
「そうだよぉ。もう、結婚式前日の花嫁みたいにはしゃいでなぁ」
「よっぽどうれしいんですね。会えるの」
「あたしより先に行こうとするヤツは全員勘弁しない。明日香さあ、杉浦君? その子がここに住むことになったら、チャンスを見て、絶対アタックするんだってよ」
「アタックって、告白するってこと?」
「そう。とんでもないだろ?」
「とんでもなくはないと思うけど」
「ふてえアマだよ」
「言い過ぎ」
「『学生時代の私はどうかしてた。それとなく浩美先輩に気があるようなフリをして、向こうから持ちかけてくるようにしむけてた』だって」
「へえ」
「『それが間違いだった。こっちからガンガン行くべきだった』とか言っちゃって。アメリカに留学されたときには相当後悔したみたいだ」
「そうなんだ」
「そうそう。こんなことも言ってた。『あたしにはわかる、先輩も絶対に、あたしに惚れてたはず。少なくとも、憎くは思ってないはず。あれ、行ってたらいけたな』だって」
「明日香ちゃん、プラス思考だから」
「無鉄砲ともいうけどね」
「留学って3年間でしたよね」
「3年間」
「連絡とか取り合ってたのかしら」
「メールでは連絡してたみたいだね」
「ああ、そうか。それでここの下宿を紹介することになったのか。ちょうど一部屋開いてたからよかったですよ」
「よくないよ。恋が成就したらどうするつもり?」
「祝福して上げればいいでしょう」
「言ったでしょう。あたしより先に行こうとするヤツは勘弁しないって」
「世の中にはリズさんの先を越す人は多いでしょう」
「日に日に、どんどん人数増えていくのよ。やだねえ。嫌い」
「じゃああたしも? あたし、先越しましたよね」
「あんたは確かに一回先を越したけど、帰って来たからいいの。許す。よく帰って来た。偉いぞ」
「ほめられたくないぃ」
「絶対に邪魔してやる」
「そんな」
「ただ… ね。もしかするとその必要はないかもしれない」
「ん?」
「さっき顔写真見たとき、ちょっと変なものを感じたんだよね」
「変なもの? なんですか?」
「それがなんだかよく分からないんだけどさ。小林が帰って来たら教えて」
「わかりました」


「変なの…」

○同日・正午過ぎ

「ただいま…」
「ああ、小林さん。お帰りなさい、早かったんですね。リズさぁん! 小林さん帰って来ましたよ! …あれ? 小林さん一人? 会えなかったんですか?」
「いや、会えた…」
「どこにいるんです?」
「今、トランクから荷物下ろしてる…」
「彼、どこ?」
「それが…」
「どうしたんです?」
「あ、不細工になってた? 目茶苦茶デブになってたとか?」
「いや… たしかにこの人に間違いないんだけど… ああ! こっちです!」
「初めまして。お世話になります。杉浦浩美です」
「!」
「!」


                            〜②に続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。